INTOLERANCE

イントレランス D・W・グリフィス HDマスター

伝説の映像作家、D・W・グリフィスの超大作にして最高傑作。
『國民の創生』(1915)に続き、グリフィスがこの世に産み落としたのは、前代未聞・空前絶後の超大作。アメリカ史を描いた『國民の創生』から、グリフィスの視点は「人類の歴史」へと注がれる。4つの時代の4つの物語、「アメリカ篇」「ユダヤ篇」「バビロン篇」「フランス篇」を交差させ、壮大な物語が紡がれていく。この並列的にシーンを展開させていく手法は、後のソ連のセルゲイ・エイゼンシュテイン(『戦艦ポチョムキン』)ほか「モンタージュ作家」たちに多大な影響を与えた。
「一つの国」の歴史から「人類」の歴史へ。閉塞的で不寛容(イントレラント)な現代社会に未だに一石を投じ続けるまさに映画史上の傑作である。

監督: D・W・グリフィス
脚本: D・W・グリフィス
撮影: G・W・ビッツァー、カール・ブラウン
編集: ジェイムズ・スミス
音楽: ガレーシュカ・モラヴィオフ
出演: リリアン・ギッシュ、ベッシー・ラヴ、メエ・マーシュ、リリアン・ラングドン、ジョージ・ウォルシュ、ハワード・ゲイ、ジョン・ラングドン ほか
製作年: 1916
製作国: アメリカ
上映時間: 164分
映像色: モノクロ(染色)
字幕: 日本語
音声: サイレント(音楽付き)
規格: 二層
画面サイズ: スタンダード
受賞歴: 1952年「映画批評家が選ぶベストテン」第5位
1962年「映画批評家が選ぶベストテン」第26位
1982年「映画批評家が選ぶベストテン」第32位
1992年「映画批評家が選ぶベストテン」第26位
2002年「映画批評家が選ぶベストテン」第45位
2012年「映画批評家が選ぶベストテン」第40位
1958年「世界映画史上の傑作12選」第7位
2000年「20世紀の映画リスト」第17位
2007年「アメリカ映画ベスト100」第49位
2008年「史上最高の映画100本」第65位
2013年「オールタイムベスト100」第50位