Au hasard Balthazar

バルタザールどこへ行く

小村に暮らす農園主の息子ジャックと幼馴染のマリー(アンヌ・ヴィアゼムスキー)は、産まれたてのロバに「バルタザール」と名づけ可愛がる。やがてジャックの一家は引っ越し、バルタザールはどこかへ引き取られる。それから10年が過ぎ、鍛冶屋でこき使われていたバルタザールは逃げ出し、マリーの元に。再会にマリーは喜ぶが、彼女に想いを寄せるジェラールは彼女がかわいがるバルタザールに嫉妬し、虐待を始める…。
ロベール・ブレッソンがドストエフスキーの小説『白痴』に想を得て描く、至高の寓話。主演に映画初出演となるアンヌ・ヴィアゼムスキーを起用。

監督: ロベール・ブレッソン
脚本: ロベール・ブレッソン
撮影: ギスラン・クロケ
音楽: ジャン・ウィエネル
出演: アンヌ・ヴィアゼムスキー、フィリップ・アスラン、ナタリー・ショワイヤー、ヴァルテル・グレーン
製作年: 1966
製作国: フランス
上映時間: 95分
映像色: モノクロ
字幕: 日本語
音声: フランス語
規格: 一層
画面サイズ: ビスタ
受賞歴: 1966年ヴェネチア国際映画祭審査員特別表彰、イタリア批評家賞、国際カトリック映画事務局賞