HARD TO BE A GOD / Трудно быть богом

神々のたそがれ

タルコフスキー、ソクーロフを生んだ地「ソヴィエト」で、世界と対峙し続けた映画監督アレクセイ・ゲルマン。ソ連最末期、激動の時代を映画と共に生き残ったゲルマンが最期に撮ったのは、二十世紀、いや、二十一世紀をも飲みこもうとする怪物的な作品であった。
これまでに誰も見たことのない、そして今後現われ得ない真の映画が、今、屹立する。

舞台は、とある惑星の都市アルカナル。地球から800年ほど遅れ、中世ルネッサンス期を迎えているかのようなこの地に、地球から科学者・歴史家らの調査団が派遣された。しかし彼らが目にしたのは、権力を持った商人たちによる圧政、殺戮、知的財産の抹殺であり、20年が経過しても文化発展の兆しは全く見られない。地球人の2人、ドン・ルマータは、知識と力を持って現れた神のごとき存在として惑星の人々から崇められていた。だが、政治に介入することは許されず、ただただ権力者たちによって繰り広げられる蛮行を傍観するのみであった…。

監督: アレクセイ・ゲルマン
脚本: アレクセイ・ゲルマン、スヴェトラーナ・カルマリータ
撮影: ウラジーミル・イリイン、ユーリー・クリメンコ
音楽: ヴィクトル・レーベデフ
出演: レオニード・ヤルモルニク、アレクサンドル・チュトゥコ、ユーリー・アレクセーヴィチ・ツリーロ、エヴゲーニー・ゲルチャコフ、ナタリア・マテーワ
製作年: 2013
製作国: ロシア
上映時間: 177分
映像色: モノクロ
字幕: 日本語
音声: ロシア語
規格: 二層
画面サイズ: ビスタ
受賞歴: Nika Awards(ニカ賞)作品賞・監督賞・撮影賞・男優賞受賞