La batalla de Chile ―La lucha de un pueblo sin arms

チリの闘い

製作年: 1975、1976、1978
監督: パトリシオ・グスマン

チリの闘い

『チリの闘い』はパトリシオ・グスマン監督による三部構成のドキュメンタリー映画である。

東西冷戦期の1970年、チリでは選挙によって成立した世界初の社会主義政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領に就任した。「反帝国主義」「平和革命」を掲げて世界的な注目を集め、民衆の支持を得ていたが、その改革政策は国内の保守層、多国籍企業、そしてアメリカ合衆国政府との間に激しい軋轢を生み、チリの社会・経済は混乱に至る。1973年9月11日、陸軍のアウグスト・ピノチェト将軍ら軍部が米国CIAの支援を受け、軍事クーデターを起こす。アジェンデは自殺(諸説あり)。以後、チリはピノチェトを中心とした軍事独裁政権下に置かれた。
パトリシオ・グスマンは、このチリにおける政治的緊張と社会主義政権の終焉を撮影・記録。クーデターの後、グスマンは逮捕・監禁されるも処刑の難を逃れ、フランスに亡命。撮影されたフィルムも奇跡的に国外に持ち出され、映画監督クリス・マルケルやキューバ映画芸術産業庁(ICAIC)の支援を得て、「史上最高のドキュメンタリー映画」とも言われる破格の作品を完成させた。

監督: パトリシオ・グスマン
撮影: ホルヘ・ミューラー・シルバ
編集 ペドロ・チャスケル
製作年: 1975、1976、1978
製作国: チリ=フランス=キューバ
上映時間: 263分
映像色: モノクロ
字幕: 日本語
音声: スペイン語
規格: 一層
画面サイズ: スタンダード