痴人の愛
  • 原題:OF HUMAN BONDAGE
  • 監督:ジョン・クロムウェル
  • 脚本:
  • キャスト:ベティ・デイヴィス
    /レスリー・ハワード

  • 製作年:1935年
  • 製作国:アメリカ
  • ベティ・デイヴィスの「痴人の愛」。

    「痴人の愛」、愚かな人の愛ですね。
    これはサマセット・モームの有名な小説ですね。これをベティ・デイヴィスが主演しました。
    ジョン・クロムウェルという立派な監督が映画にしました。
    ところが、この「痴人の愛」これは始めベティ・デイヴィスじゃなかったんですね。
    いろんなスターがいて、それにジョン・クロムウェルが「あんた出てみなさい」「あんた出てみなさい」。みんな「ノー」「ノー」「ノー」。
    女優はみんなこの主役を嫌ったんですね。なぜ嫌ったんだろう。

    レストランのウェイトレス、きれいな女。その女が学生に評判がいいんですね。
    学生がみんな「今晩映画いっしょに観にいこか」と言ったら「どっちだっていいよ」、そういう女なのね。
    若いまじめなまじめな男、映画ではレスリー・ハワードですね、まじめな男がこの女に夢中になって、とうとうこの女をものにしたんですね。
    で、よかったのに、この女またプイッと家出しちゃったんですね。
    落ち着かないの。一人の男じゃ気に入らないのね。

    で、このまじめな男、立派なお医者さんになった人は、もうあきらめて何年かたった。
    何年かたったときに、この女が帰ってきたんですね。
    「ちょっとあんた、お医者でしょ。あたい診てよ」と言ったんですね。
    「どうしたんだ」顔みたらね、顔がむくれて、何だかいっぱいおできができてるんですね。
    もう手遅れなんですね。顔がくずれそうになってるんですね。
    びっくりして、いっしょうけんめい手当したんですね。
    手当したけど「あたい、だめね。あたい、もうだめね。」と言って死んでゆく映画なんですね。

    こんなの、みんな嫌がるんですね。
    最後は顔がくずれる役なんですね、誰もやらない。
    ところがベティ・デイヴィス、それまではわき役。

    こんな映画があったんですね。
    田舎に都会の女学生がピクニックで行くんですね。
    そして雑貨屋へ行って、「ちょっとチョコレートちょうだい」と言うのかと思ったら、この女学生は「ちょいとタバコください」と言ったのね。
    “HAVE YOU CIGARETTE”と言ったのね。その“CIGARETTE”の言い方がすごく粋だったんですね。
    それがベティ・デイヴィスだったんですね。ベティ・デイヴィスはいつもそんな役やるんですね。
    それが「あたい、やります」と言ったんですね。

    とうとうベティ・デイヴィスがやることになって、みんなびっくりしたんですね。
    そういうわけで「痴人の愛」はベティ・デイヴィスを一躍有名にしたんですね。
    その後もキム・ノヴァクだとかいろんな人がやりましたけど、やっぱりベティ・デイヴィスのあくの強い、この女にはかなわなかったのね。

    「痴人の愛」は、ほんとに“OF HUMAN BONDAGE”は、サマセット・モームの立派な立派な、面白い面白い小説ですけど、映画でもベティ・デイヴィスを出世させた、ベティ・デイヴィスのスターの入口の問題作品ですね。

    【解説:淀川長治】