嘆きの天使
  • 原題:DER BLAUE ENGEL
  • 監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
  • 脚本:
  • キャスト:マレーネ・ディートリッヒ/エミール・ヤニングス

  • 製作年:1930年
  • 製作国:ドイツ
  • これから『嘆きの天使』のお話をしましょうね。

    『嘆きの天使』これはジョセフ・フォン・スタンバーグ、あの『モロッコ』の監督とディートリッヒ、この初めての顔合わせ作品ですね。
    スタンバーグという人はアメリカで2、3本撮りました。
    そうしてチャップリンの推薦受けました。

    『サルベーション・ハンタース』という映画をアメリカで撮ろうとしましたが上手くいかない。それで、ドイツで何かいい映画を撮ろうとしました。
    そこに、舞台でマレーネ・ディートリッヒというのが芝居演ってましてね。
    それを観て、これで1本撮ろうと思いましてディートリッヒに「あんた、こういう映画に出てくれませんか」言ったら、「いいですよ」と言ったんです。
    それが『嘆きの天使』、ブルー・エンジェル。

    どんな映画か。
    ローラ、ローラという悪い女がいるんですね。
    それが大学の教授を誘惑して、さんざん、さんざんいじめる話なんですね。
    ローラいう、いかにも悪い女ですね、その役を「あんたやってくれませんか」と言った。
    ディートリッヒは「やりますよ」と言ったのね。

    スタンバーグは、その『嘆きの天使』に、ローラいう役どころでディートリッヒを使った。
    ディートリッヒは綺麗な足なんですね。淋しい舞台、汚い舞台が、その足で見事に晴ればれしくなったんですね。

    高校の生徒、男の子がみんな大騒ぎするんですね、このローラいうのに。
    そうしてブロマイド持ってるんですね。そのブロマイド、もうみんなが持ち歩いてるんですね。
    で、学校の先生、エミール・ヤニングスが扮してる先生が、「何持ってるんだ」言った時、プロマイド見たんですね。

    女の姿なんですね。で、前のスカートが羽根なんですね。
    それでふーっと吹いたらパァーと前がめくれるんですね。
    「こんないやらしいもの、よくもおまえら持ってるな」と怒って、「自分もいっぺん、ローラ見てやる」言って、密かにその舞台を観に行くんですね。
    そこがおもしろいんですけどね。

    その時にローラが、綺麗な足で出てきて、そうして椅子をずっと手前に置いて、椅子のもたれる所を前に置いて、両足を前ひっぱって、「フォーリン、ラヴァーゲン、ネヴァ、ウォンテッド・・」と歌うんですね。
    さぁ、その綺麗な事、両足の綺麗な事、先生はいっぺんに参っちゃったんですね。

    この映画は、一躍マレーネ・ディートリッヒを有名にしました。
    それと同時に、「この監督は誰ですか?」「スタンバーグ」「ん、これイケるな」。
    ハリウッドが二人を呼んだんですね。

    で、アメリカから呼ばれた。ちょうどディートリッヒがドイツにいた頃は、最もドイツがモダン文化の時代だったから、非常に粋だったんですね。
    それがアメリカに来たら、ハリウッドの女優がみんなびっくりしたんですね。
    マレーネ・ディートリッヒ、あのハンドバック、あのハイヒール、あのコート、すごいねぇ、言って。

    で、マレーネ・ディートリッヒの部屋に行ったんですね、みんなが。
    そうすると大きな壁、部屋の壁が全部鏡なんですね。
    びっくりしたんですね。モダン・スタイル。

    『嘆きの天使』ではローラで、なんとも性の悪いくすぶった女役だったディートリッヒが、アメリカに来た時には、『モロッコ』ですね。いっぺんに有名になったんですね、『モロッコ』で。

    ディートリッヒは男装で歌、歌ったんですね。
    きれいな男のスタイルで、シルクハット持って、白いイブニング着て、そして歩きながら、あの『モロッコ』の歌を歌って、そうしてお客の中の女の客に接吻したんですね。
    えらい評判になって、ディートリッヒは一躍有名になりました。

    それで監督はスタンバーグです。
    スタンバーグ、アメリカに来てすっかりアメリカ流になりまして『ブロンド・ヴィナス』、これなんかは、もう見事な映画ね。
    最初出てくるのは、いかにもアフリカの音楽で、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、いう音楽で大きなゴリラが出てきたんですね。
    金の毛をいっぱいつけたゴリラが出てきて踊るんですね。

    わぁー思ってると、そのゴリラが腕の毛を取っちゃうんですね。
    綺麗な手ですね。腕の毛を取ったら、綺麗な手なんですね。
    ゴリラの両手が綺麗な女の手、ブレスレット付けてる。
    今度は足を取ったんですね、足の毛を取ったんですね。
    それがディートリッヒの登場の見事なスタイルで、『ブロンド・ヴィナス』もすごかった。

    それから『間諜X27』とか、ディートリッヒはどんどんどんどん有名になりました。
    と同時にスタンバーグも一躍有名になりました。

    【解説:淀川長治】