グランド・ホテル
  • 原題:GRAND HOTEL
  • 監督:エドマンド・グールディング
  • 脚本:
  • キャスト:グレタ・ガルボ/ライオネル・バリモア

  • 製作年:1932年
  • 製作国:アメリカ
  • これから、『グランド・ホテル』のお話をしましよう。

    『グランド・ホテル』、これはドイツのビッキー・バームの、女の人の小説ですね。
    これは群衆劇、もう『グランド・ホテル』言いますと、いろんな、いろんな人の話が一つの小説の中に集まっているんですね。
    グランド・ホテル形式と言いましてね、後にそういう群衆劇が流りまして、その群衆劇をみんなグランド・ホテル・スタイルと言ったんですね。

    で、これで一番おもしろいのはグレタ・ガルボ。偉いですねえ、MGMの最高のスターですね。それとジョーン・クロフォード。これもMGMの最高のスターですね。
    この二人を顔合わせするというえらい事になったんですね。
    ジョーン・クロフォードは絶対にガルボと共演したくない人。ガルボは、「ジョーン・クロフォードと私が出るんですか?」って笑う人。そういう二人を一緒にするところに、この作品の最高の興味があったんですね。

    それでみんなは、二人が一緒に共演するだろうか心配したんですね。
    そういう意味でも、この『グランド・ホテル』、MGMのこの作品は、大きな、大きな話題をなげかけたんですね。

    最初、いよいよ始まる時、『グランド・ホテル』のロビーのセットができました。
    セットのちょっと一段上にもうガルボは来て待っておりました。
    ところが、そこへ向こうからジョーン・クロフォードがやって来ました。
    二人は、初めて....スタジオで一回も顔合わせません、初めて会ったんですね。

    ガルボは平気でしたけど、ジョーン・クロフォードはちょっと胸いっぱいでした。
    ツカ、ツカ、ツカとガルボのそばへ行って「おはようございます」と言ったのね。
    で、ガルボはどう言ったでしょう?「ご苦労さん」と言ったんですね。
    さあ、それでカンカンに怒ったんですね、ジョーン・クロフォード。
    「ご苦労さん」?あんまりだ。それで、「この映画に、出ません」と言ったんですね。
    そういう事言われてもMGMは、もうガルボとジョーン・クロフォードの共演でポスターも全部作ってますから、困って困って大騒ぎした話があるんですね。

    「ガルボの出番はどんな出番ですか?」とジョーン・クロフォードは聞いてたんですね。
    有名なバレーダンサーが、もう人気もなくなって貧乏になってホテルにくすぶってる役です。
    「ああ、そうですか。衣装は?」
    衣装は一つだけです。
    「ああ、そうですか、あたしの衣装はどんなの?」
    重役の二号さんだから、十二着ぐらいのイブニングドレスがあって奇麗な靴もあります。
    「それなら出ます」
    ジョーン・クロフォードはそう言ってたんですね。

    そうして二人が初めて顔を会わせた時に、ガルボが「ご苦労さん」と言ったんですね。
    自分と同じ位置のスターだ思ってたのに、頭から「ご苦労さん」と言ったので、かんかんに怒ったんですね。
    それで大騒ぎになって、ガルボは「何でジョーン・クロフォードさんは怒ったの?」と言ったのね。ジョーン・クロフォードは、カンカンに怒ってもう出ません。
    それでこの『グランド・ホテル』は、なんとワンシーンも二人が一緒の場面がなかったの、えらい問題でした。

    そしてジョーン・クロフォードは、サミュエル・ゴールドウィンという有名なプロデューサーのとこに行って、「私はあんな人と一緒に絶対出たくない。私にあの人に負けないような良い役をください」と泣きついたんですね、MGMからユナイトに移って。
    それならと言って、『雨』サデー・トンプソン、あれをあげよう言ったらジョーン・クロフォードが「わーっ」と喜んで泣いた、そういう因縁が『グランド・ホテル』の裏側にあるんですね。

    この『グランド・ホテル』のガルボの役は、バレリーナがもう人気がなくなってホテルにおりますと、そこへ宝石泥棒がやってくるんですねえ。
    で、宝石泥棒がガルボの鏡台の宝石を盗った時に、ガルボが帰って来るんですね。

    机の上見たら、自分のブレスレットがなくなってるんですね、イヤリングが。
    どうしたんだろうと思ってるとカーテンの裾に男の靴の先がでてるんですね。
    「あんた」と呼んだら、見つかったかと出てきたんですね。
    泥棒です、けど泥棒と言えないから、「私はあんたの大ファンで、あんたの各国での上演をみんな観ております。私はあなたのたった一つの宝石、それを一生大事に持とうと思いまして、悪いけど盗みました」。

    そう言ったら、「ああ、そうですか」と言って、「もう一遍言ってごらん」、「私はあなたの大ファンです」、「はい、それ一つあげましょう。もう一遍言ってごらん」、「僕はあなたの大ファンです」、「はい、これあげましょう」。
    そうして四個の奇麗な宝石をあげて帰らした、そういうのがガルボの役ですね。

    ジョーン・クロフォードは、もうなんともしれん、夜会の花形になって出て来る役ですね。
    『グランド・ホテル』は、ガルボとジョーン・クロフォード、この二人の顔合わせで、もう世界中評判になった作品ですよ。

    【解説:淀川長治】