ガリヴァー旅行記
  • 原題:GULLIVER'S TRAVEL
  • 監督:デイヴ・フライシャ―
  • 脚本:
  • キャスト:

  • 製作年:1939年
  • 製作国:アメリカ
  • もう、皆さんが小学校から中学校の頃にどんどんお読みになった、あのガリヴァー旅行記。
    これが動画、アニメになったんですね。

    しかもそれがディズニーじゃなくてフライシャー兄弟がやったんですね。
    フライシャー兄弟のアニメは「ベティ・ブープ」だとか「ポパイ」だとかいろいろありますけど、この人のはハイカラ、非常にモダンなんですね。
    ディズニーはどっちかいうと子供向き。みんな家庭向きで、やさしい、よくわかって、しかも童話らしいアニメをつくるんですね。

    フライシャーは少し違うんですね。
    ハイカラなんですね。非常に何か、どっか都会的なんですね。
    人によっては、ディズニーは子供向きだけどフライシャーは大人向きだ、なんてことが評判になったことがあるんですね。

    フライシャーはなかなかいいんですね。
    映画の中にジャズ音楽を入れたり、いろんなことして非常にモダンなんですね。
    モダン、ハイカラなんですね。ハイクラスなんですね。
    そういう人が「ガリヴァー旅行記」作ったの。

    ガリヴァーの大きさと、その土地の人たちの小ささを見事に、見事に描いて、ガリヴァーがどんな大きい男かいうことを見事に見せて、「ガリヴァー旅行記」はびっくりぎょうてんの面白い映画になったんですね。
    しかもそれが非常に都会的なんですね。どう言っていいかわかんない、みんなが右往左往するとこが面白いですね。そういう意味でこのフライシャーの映画は見事でした。

    でもフライシャーはハイカラすぎて、いつもモダンすぎてディズニーに負けましたね。
    ディズニーよりもずっとハイカラだったんです。
    けど、そのハイカラさがかえって邪魔しましたね。都会すぎて。

    というわけでフライシャー兄弟の、この「ガリヴァー旅行記」は本当にフライシャーの置き手紙ですね。
    もう、フライシャー、いま出ていませんから、本当になつかしい、なつかしい作品です。
    この「ガリヴァー旅行記」を今ごらんになったら、どんなにこのフライシャー、この監督、アニメの作者がデリケートか、よくお判りになると思いますよ。

    【解説:淀川長治】