• 原題:THE RIVER
  • 監督:ジャン・ルノアール
  • 脚本:
  • キャスト:パトリシア・ウォルターズ/アドリエンヌ・コリ/アーサー・シールズ/ノラ・スゥインバーン

  • 製作年:1951年
  • 製作国:アメリカ
  • 僕の最も好きな監督、ジャン・ルノアール。
    この人の『河』。
    これやりましょうね。

    これは、おもしろいお話なんですよ。
    このジャン・ルノアールが、ちょっとアメリカ行ったんですね。
    アメリカで『南部の人』とかいろいろ撮ったんですね。
    ロサンゼルスの人がみんな、ジャン・ルノアールのファンだったんですね。

    「ジャン・ルノアールさんの映画はきれいだなあ。きれいだなあ」ということになって、ロサンゼルスのハリウッドの花屋さんがジャン・ルノアールに会いに行ったんですね。
    「どうかルノアールさん。きれいな、きれいな映画を撮ってくださいませんか?ここに資金がありますから。」
    ちゃんとお金集めてきたんですね、花屋さんが。

    ルノアールは感激したんですね。
    「それじゃ僕は、あなた達が好きなような映画ができるかわからないけれども、ひとつインドの映画を撮りましょう。」と、言ったんですね。
    インドが一番カラーがきれいだからインドの映画撮りましょう、と言ったんですね。
    みんなよろこんだんです。
    そうして、『河』は生まれたんですね。

    『河』はきれいな映画でしたね。見事にきれいでしたね。
    インドの匂いがぷんぷんしましたね。
    インドと言うのは、砂で模様を描くんですね。赤い砂、青い砂、黄色い砂で、きれいに、カーペットのように砂で絵を描く美術家が沢山いるんですね。
    そのインドで、早春、若い、若い女の子が、初恋のような、愛に対して憧れてるようなお話なんですね。

    きれいな、きれいなお話だけど、その中に何があるか?花祭があるんですね。
    色祭があるんですね。みんなが手にいろんな色、持つんですね。
    赤い色、黄色い色持って、お互いそれ投げあうんですね。それがきれいなんですね。
    その中の3人か4人の早春の女の子の一人がインドの女の子なんですね。あとはイギリスの女の子、アメリカの女の子。

    そのインドの女の子が、お祭りのためにダンスを勉強するんですね。
    ダンスを踊るんですね。
    そのダンスのきれいなこと、きれいなこと。
    しかも、その女の子がカタカリかカタハリかしらないけど、パッ、パッ、パッと踊る。
    握った手が、パッと開くと中が真っ赤なんですね。
    いいんですね〜、その踊りがいかにもいいんですね〜。
    そして、この映画のインドの音楽がきれいなんですね。
    やっぱりルノアール、やっぱりルノアールと思いました。

    それを映画館で、チャイニーズグローマン劇場で私は友達と観にいったんですね。
    まあーきれい!いいなー!本当にルノアールはいいなあー!、と言ってたら、となりの男の子が、いっしょにいた男の子がガーーーって寝てるんですね。
    それ見てから、その男の子には一生僕もの言わなかった。
    キライになった。絶交しましたね。

    というわけで、この映画よかった。で、音楽もよかった。
    日本に帰ってきて、「あー、いい映画だったよ!」って野口久光に言ったら、野口久光が「どんな映画?どんな音楽?レコードもってんの?」。
    レコード渡したら、とうとうとられて、野口久光、亡くなりましても、あのレコードは返してくれなかったね。

    そのくらい、この『The river』は、『河』はルノアールの名作。
    ルノアールはこれを撮ってから、アメリカでいろいろ撮って最後にこの映画を撮ってから、フランスに帰りましたね。何年ぶりかで帰りましたね。
    で、フランスで『フレンチ・カンカン』、あの最高の音楽作りましたね。

    というわけで、ルノアールという人は、お父さんも立派だったけど、ルノアールの作品も立派でしたね。

    【解説:淀川長治】