アイアン・ホース
  • 原題:THE IRON HORSE
  • 監督:ジョン・フォード
  • 脚本:チャールズ・ケニオン
  • キャスト:ジョージ・オブライエン/マッジ・ベラミー/C・エドワード・ブル/ウィリアム・ウォリング

  • 製作年:1924年
  • 製作国:アメリカ
  • 『アイアン・ホース』、このお話しましょうね。

    『アイアン・ホース』?何ですか?
    これはインディアンが汽車を見て、『アイアン・ホース』、鉄の馬と言ったんですねえ。
    で、これはどんな話か。もうこれからご覧になったらおわかりでしょうけれども、ちょうどこの映画の二年前に『幌馬車』という映画をパラマウントがつくったんですねえ。

    私はこれ観てびっくりしたんですね。西部劇でこんなの初めてだったんですね。
    つまり、東部で暮らせない人が、どうにかして行きたい行きたいと、西部へ西部へ行こう、百姓、農夫さんが...『怒りの葡萄』ですね。
    みんなが、もう家財道具もみんな馬車へ乗せて、西部へ西部へ行く話があったんです。
    それ『幌馬車』。その馬車が全部、幌かけてあったんですね。

    それを十台、二十台、三十台、百台、百台並んで、ずーっと西部へ、西部へ行くんですね。オレゴンの山の上を超えて行くんですね。
    この西部劇を観てびっくりしたんですね。西部劇がオレゴンの上のロッキー山脈通る時に、雪の上を通って行くんですね。西部劇いったら砂漠だとか草原ばっかりだ思ってたら、雪がでてきた言って当時びっくりしたんですね。

    そいで、どんどん、どんどん行くんだけど、途中で断崖絶壁にそのワゴンが落ちちゃうとこがあるんですね。もう家財道具乗せて家族みんな乗って行くのに、落ちるんですね。 凄いなあ。
    そうして西部へ行くんですね。こんな西部劇初めてだ思った時に、これはいわゆる開拓劇なんですね。西部劇というよりもアメリカの歴史なんですね。
    凄いもんがあるなあ、『幌馬車』凄いなあ思ってると、フォックスがそれから一年経って「俺とこだってつくるよ」ってつくったのが『アイアン・ホース』ですね。

    パラマウントがああいうの作ったら、俺のとこは西と東の鉄道がずーっとどっちもどっちも、走って走って、真ん中でくっつくやつを作ってやろう。
    監督は?うん、監督は今ちょっと目ぼしいのいるけど、これ、いいだろう思う。賭けだけど、いいだろう思う。誰?ジョン・フォード、そう言ったの、びっくりしたの。
    ジョン・フォードは、こんな大作つくるとは思わなかったの。
    当時、それで一生懸命つくったのが、この『アイアン・ホース』ですね。

    で、この『アイアン・ホース』は本当に鉄をどんどん、どんどん、敷くんですけど、枕木それからその線路敷くんですけど、そんなに働く人いないの。
    でもう困って、困って、チャイナタウンの中国の人と日本人をどんどん使ったんですね。

    で、日本人、そこで働いた人と、ぼく会った事あるんです、もうお爺ちゃんの。
    そしてその時に言ったのは、もうあれはねえ、ああやって一生懸命やってるうちにね、みんな疲れて喧嘩になるんですって。そうして酒飲んで、喧嘩になって倒れて死んだら、そこ、野っぱらに放っぽらかして続けて働く、そんな事が本当にあったんですって。

    『アイアン・ホース』は、そういう労働者の苦しい、苦しい、男ばっかりの話を映画にしてるんですね。
    で、ジョン・フォードはこれを作って、一躍ジョン・フォードは大作の監督になったんですね。これはジョン・フォードの、本当の本格的スタートですね。

    という訳で、『アイアン・ホース』はアメリカ映画のひとつの歴史ですね。
    歴史、大陸横断の汽車がくっついた、東と西がついた、そういう意味でこの映画の汽車と汽車とがくっつく、重なるところが大喝采。アメリカならではという映画ですよ。

    【解説:淀川長治】